ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仲良すぎ! | main | 久々に韓国問題 >>
2020.01.16 Thursday

ラインブリード

犬をブリードする方法として、インブリード、ラインブリード、アウトブリードがあります。

 

インブリードは、血液を濃くして、名犬を産み出す方法。

兄弟かけとか、慎重にかけなければなりませんし、小さいプードルを作るとかで行いますが、危険も伴いますから、あまりしません。

 

アウトブリードは別名雑種交配といい、全く違った血液です。

人間の場合は、血縁は避けますが、犬の場合は、濃くなった血液に別の血液をいれることにより、いったんリセットをします。

アウトの良い面は、一代名犬も産まれるときがあること。また、その逆もあるということなのです。

一代名犬を作るブリーダーは、それ以外の犬は淘汰するのです。それくらい極端に分かれることもあります。

MIXもこの非常識な掛け合わせですから、まともなブリーダーは絶対にしません。

オーストラリアで、MIXを作ってしまった方が、自分はフランケンシュタインを作ってしまったと後悔しているそうです。

 

一般のブリーダーはラインブリードを選びます。

名犬を得れば、その血液を追います。

当犬舎では、シャスミン、ミカイルですね。

スウェーデンで、シャスミンにスウェーデンNO、1の男の子を交配していただいて、当犬舎で生まれた娘達が基礎・エリー達

それにシャスミンに近い血液のJKC・CHのアクアを交配し、サーシャ

そこにアウトで、ミカイルの血液を入れて、柘榴、琥珀というすごく良い子達を作出。

 

ここから、また、ロシアから、ミカイルの孫にあたるロシア・CHの男の子でラインブリード

アクアも、性格といい、とても優しい美しくオーラのある子ですので、少し血液を残したいから、パープルレインをかけたいの。

本当は、この子は残す予定だった子だもの。

 

ここで行き止まりだから、続けたければ、またアウトの血液が必要になります。

だから、5年と、言うのです。

 

こういうブリードの基本を理解しないで、ただ、男の子がいる、女の子がいる、掛け合わせて子供を産ませる・・・

良い犬が作出できるわけがないの。

ただのペットを大量生産しているだけではパピーミールといい、繁殖屋なの。

 

当犬舎のオーナー様達に、良く、お声をかけてくれる英国Gを連れた方達に聞かれること。

何を食べさせたら、その子みたいになりますか??

無理ですよね。血統が違うのですから・・・

 

何のために、2000万近くもの大金をつぎ込んで、犬つくりをしていると思うのか。

本場に負けない良い犬を作出したいから・・・そういう子をご家庭に迎えていただいて、本物のプラチナゴールデンが街を闊歩するのを見たいから・・・

まったく贅沢な夢をみてしまったからだから、後悔していないよ。

 

子犬は天使

どの子をみても、超かわいい!!!

成犬になると、違いが現れます。

だから、父犬、母犬を見てから、お迎えしましょうね。

 

Powered by
30days Album