ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ソレイユ | main | おかしいな >>
2019.12.04 Wednesday

魅力が薄れたドッグショー

なぜ、ドッグショーが発展しないのか?

まず、MIXを容認したことが第一原因かなと思う。

なんのためのドッグショー??

血統を守り、より良い犬を作出し、それを自己満足せずに、競い合って向上させるためではなかったのか?

10年前にはゴールデンも40頭の単独を組めたのに、前回の柘榴を出陳した時にはたったの2頭

他の犬種も、1頭、2頭・・・も多く、これではCCなんて、夢のまた夢。

 

昨日も、ある犬種で、バリバリショーをしていた方から、老後のパートナーとして、うちの子が欲しいとのお申込みがありましたが、

今のショーには驚いていましたよ。なんでこうなってしまったのだろう???

 

良い犬を持てば、ドッグショーにも興味を持ってくれて、オーナーハンドラーとして参加をしていこうと、言う方も出てくるの。

オーナーハンドラーを育てることにより、プロにもなれるし、発展していくはずなのに、

既存の利益を守るために、プロが、審査にも影響力も持ち、オーナーハンドラーを潰していく。

発展するわけないよね。

かくいう当犬舎も、頑張ってきたけど、もう、ドッグショーに興味を失ってきています。

柘榴みたいに、ベストインショー(ベビー)まで取れるような犬を作っても、日本の中では評価されないの。

 

息子は日本にも、こんなに良い犬がいると、知ってもらうために出していくと言っていますが、もう、無理はしません。

楽しむ程度かな。

柘榴はプロに頼めば、チャンピョン位なれるでしょう。ただ、多額のお金がかかります。

そこまでする必要もかんじなくなりましたもの。良い犬は良い!!これに尽きる。

当犬舎の審査員は、オーナー様達で〜〜す。

やはり、犬は全力疾走している姿が一番美しい。

 

 

Powered by
30days Album