ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 立派 | main | あらし君 >>
2019.11.17 Sunday

ロシアチャンピョン

当初、5月に来る予定でしたが、あちらでショーにかけていただき、5月にはジュニアチャンピョン完成、10月にはロシアチャンピョン完成しました。

12月に来日する予定でしたが、手続きの関係から、2月になるそうです。

この短期間でロシアチャンピョン完成ですので、どれだけ良い犬か、わかるでしょう。

女の子はシャロンママの所に行くことになりました。すごい犬ですよ。

アンジェに似ているのよね。

この掛け合わせは価格は未定ですが、こんな犬はいないと思います。

うずうず・・・やはり、欲しいなぁ・・・

できれば、1回はミカイルと交配したいね。

 

日本にも外国産の子達もたくさんいますが、単に外産だから良いというわけじゃないの。

当犬舎の子達は、世界的な審査員であり、ちわわで世界一の実績から一流のブリーダーから子犬をわけていただける門脇氏が選んでくれるから、最高の犬達に恵まれるの。

外産でも、ノンタイトルでは意味なし。

ミカイルは、3か国チャンピョン。

当犬舎では、アクアはJKCチャンピョン

ラルフは英国からの輸入犬だけど、血液を散らすためと、運動神経をよくするために使いましたが、今後はかける予定はありません。どうも、後ろ足が、中に向く傾向があるのです。余程の運動量を入れられないと改善できません。

月妃はラルフの子ですが、改善しなければならないところもあるのですが、ミカイルとの子達は満足のいく子になりました。

だから犬達の欠点の補充ができなければ、ブリードをすること自体がおかしいものね。

 

単にこれしかいないから、それでブリードをしているのは、繁殖屋。

単に可愛ければよい・・・これはペットショップと同じ感覚ではブリーダーとは言えません。

今、お問い合わせをいただいている方がお知り合いの子がうちの子で病気知らずだからと、おっしゃっていました。

健全な子を作出するのが一番の望みなのです。

頑張ろう!!

シャロンママは80歳まで頑張るって!

シャロンママもスタートに良い犬達に恵まれたから成功するよ。

5年延長??

目標にはいいかもね・・・・体がついてくるかどうか・・・・それだけ。

あとは、うちの息子さん次第。

シャロンママも継いでくれる息子さんもいるから・・・それが一番の安心。

 

 

Powered by
30days Album