ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 柘榴 | main | うっとり >>
2019.06.17 Monday

好み

英国ゴールデンは、アメリカンと区別するために、そう呼ばれています。

英国で作られた犬で、広くヨーロッパでブリードをされています。

アメリカンは、アメリカで被毛をきれいにするために改良されており、日本とか、アメリカ圏内ではアメリカンが主流です。

 

確かに大塚先生のアメリカンを見ていると、素晴らしい犬達です。

ヨーロピアンは、日本に売っていただける犬達が少ないために、なかなか良い犬がいないのが現状です。

英国で5年に一度発刊される本があります。チャンピョンがたくさん載っていますが、それぞれ特徴があり、個性豊かです。

白い子、カラーの濃い子、体高の低い子、高い子、ガンドッグ

みんなチャンピョンなのです。それぞれスタンダードを目指していますが、それぞれ違うのです。

 

これは、それぞれの好みとしか言えませんね。

犬舎も自分の好みのスタンダードを目指します。

よそ様の犬舎でも、好みがあり、けなすことはしてはいけませんよね。

自分の好みではないというだけなのです。

 

ただ、必要な条件、スタンダードを目的にしなければならないという事は共通です。

 

当犬舎では、足が太く、握りが厚く、胸が発達して、マズルが太い子。が理想。

幸い、美しいシャスミンを手に入れ、その色素の濃いスウェーデンチャンピョンの子達も得て、体格の良い、ロシア、リトアニア、韓国チャンピョンのミカイルを父親に、良い子達が生まれてくれるようになりました。

長い時間がかかりましたが、やっと、自家繁で、戦える柘榴を育てることができました。

今までも、良い子はいたのですが、お待ちのお客様に申し訳なくて、なかなか残せませんでした。成長した子達を見て、惜しかったな。これからも、頑張るぞ!

 

Powered by
30days Album