ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 言ってみるものですね。 | main | 野党 >>
2019.02.09 Saturday

また、雪ですね。

前回ほど積もってはいませんが、まだ積もりそうです。

息子は今日は泊まるつもりで、毛布を持っていきました。

 

今日、ご対面予定でしたが、延期

事故があったら、大変ですもの。

明日も、予定がいっぱいなのですが、くれぐれも無理なさらないでね。いつでも会えますよ。

 

 

いつも、年に1回位、積もることもあるのですが、今回は多いですね。

でも、まだ、うっすらですので、どうなるでしょうね。

 

アンジェリカちゃん、大抵抗・・・

可哀そうに、知らないところにきて、嫌な事されて、ごめんね。

どういうわけか、私には、すぐに懐いて、甘えてくれますが、息子には警戒

ル・シェルシェさんには、懐いて・・・

 

介護ホームのオーナー様ですので、若い子はダメなのかな??

誰かにいじめられているのか??とは息子の弁。

リビングに大きなゲージがどん!

安心してくつろいでいます。

セレブには似ていないから、向こう似ね。

線は細いけど、構成はいいですよ。バランスのとれたきれいな娘です。

ル・シェルシェさんに子犬を見ていただきました。

やはり、セレブの残す男の子を褒めてくれました。

連れて帰りた〜〜〜い!

犬を見る目があるかたは、やはり欲しいとおもってくれる犬達なのですね。

ル・シェルシェさんには、息子に続けるように勧めていただいています。

これだけ、貴重な血液を集めたのだから、応援してくださるそうです。

そうですよねぇ・・・

これだけの血液を持つ犬達をこの価格でお分けしている犬舎なんて、どこにもないものね。

当犬舎が撤退すれば、どうでも良いペットを売りまくる繁殖屋と、良い血液だからと高額で売るブリーダーと2極化してしまいます。

そうすれば、また、25年前と同じように、英国Gは血液が濃くなり、病気が多くなります。

この10年の努力が無と化してしまいます。それが残念・・・

やっと、本物の英国プラチナゴールデンとは、こういう犬の事だと、日本中に広がり、見た方達からお褒めの言葉をいただけるようになってきたのですもの。

役目は浸透しましたが、努力に終わりはないのよね。

リアン君も、普通に走り、歩いてくれていますので、少しづつ、勇気をもらっています。

いっちょ前に、ミカイルに乗りまくっています。不思議ね、わかるのかな?

アクアとミカイルはリアンには絶対に乗らないの。

ラルフパパは見境がないから、危なくて、一緒に出せないのよ。

自由運動が良いみたい。

股関節に悩むオーナー様の気持ちもよく身をもって、理解出来ました。これも、神様の忠告ですね。

リアンがうちに残って良かったです。

確かに防ぐのは至難の業ですが、これからも、研究していきます。

 

粉雪ですので、積もりそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Powered by
30days Album