ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< おはようございます。 | main | 自然の脅威 >>
2018.07.07 Saturday

雨の被害

北海道は大丈夫だそうです。

鳥取、岡山にもオーナー様がいます。被害がないことを祈ります。

 

どうして、日本には、官主導の大きなシェルターがないのだろう。

JKCは、会員費などで、莫大なお金が入ってくるのに、動かない。

みんな、寄付を頼りに、保護活動をしています。

そういう団体は保護犬を譲渡するのに、何万円かいただくそうです。

引き取ってくれるのですから、相手を選んで無料にすれば、もっとオーナー様が見つかると思うのにね。

 

友人も団体に属していましたが、今は個人で活動をしてくれています。

本当に頭が下がりますね。

 

当犬舎では、契約に基づき、やむを得ず飼えなくなった場合は、こちらにご連絡をいただくことにしています。

違反すれば、契約書がありますので、責任を取ってもらいます。

オーナー様の事情を考え、犬にとって、一番良い方法を考えます。

 

アンジェも、そうでした。

噛みつくから、保健所???

冗談じゃないです。

今のアンジェを見て!

噛みついたなんて、考えられないくらい良いこです。

あの当時は、息子にも噛みついたくらいですから、何かあったのでしょう。

だからって、殺すなんてしてはいけません。

愛情をかけてあげれば、こんなに良い子になるのです。

今でもお客さまには警戒していますもの。辛い思いをしたのかも。可哀そうに。

ね、楽しそうに遊んでいたでしょう?今年の雪のなか。帰ってきて良かったね。

当犬舎で、生み出した子は、当犬舎で見守ります。

里親も、こちらで探します。

ただ、高齢になれば、里親はみつけられないでしょう。

その時は、管理費を請求させていただきますよ。

それだけ、責任も伴うのですよ。

安易に責任放棄しないでね。

犬は、家族、パートナーです。

 

Powered by
30days Album