ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モネちゃん | main | 頑固なファインちゃん。 >>
2017.12.01 Friday

オフ会写真

ピレニーズのマシュー君です。

おだやかな優しい性格ですよ。

サーシャの子で一番チビだったアンディ君、ごりっぱ!

もなかちゃんのお姉さん、あずきちゃん。

ずっとオフ会に参加してくれていますから、馴れたもの。

貴重な重鎮です。

アメリカンのジュニア君とえ〜るちゃん。この二人も、ずっと仲良し。

 

 

この満面の笑み。

めぐちゃんで〜〜〜す。とってもきれいな子です。

 

どこかにいるとは思うのですが、

今回は館山のケリー君の主治医様がご愛犬のラブちゃんと参加いただき、また、そのラブちゃんも性格が良くて、一緒に遊んでいましたよ。ケリー君の動画もみせていただき、ありがとうございました。

お友達で、ずっと前に一度いらしてくださったことがある、東京の日本橋からご愛犬を迎えた方もいらしてくれました。

その子もとても重心が低くて、これぞ、英国Gという素晴らしい犬で、そのうえ、性格も良くて、みんなと楽しそうに、走り廻っていました。

やはり、この犬種はしんぱいがないですね。

どの犬種とも、すぐに仲良く遊べます。

 

あるオーナー様ともお話をさせていただいたのですが、

インターネットの時代ですから、犬を探すときに、あちこちの犬舎に問い合わせをするそうです。

HPには良い事がたくさん書いてあるのですが、その電話での対応で人柄がわかるそうです。

犬を売りたい!!オーラがすごく感じられると。

そうね。私など夜、赤ちゃんについているから、寝ぼけていることもあります。

失礼な対応をしないよう、気をつけなくちゃね。

電話も夢の中???の時もあるもの。

ただ、嘘はつかないから、それだけは安心してね。

おかしな人と思われようが、隠し事はしないで、正直に、ブリードの苦労を知らせますもの。

あるペットショップで、噛む子犬がたらいまわしにされて、オーナーさまに抱かせずにだますようにして売り、オーナーさまの苦情にそんな子じゃなかったと取り合わないと。

それって・・・信用を失いますよね。

南の方で、売った英国Gの男の子、鳥取で購入した方の話。

売れ残っていて、近所にあげてしまおうと思っていたと。お迎えしたら、噛むわ、いう事を聞かないと。

つまり、売れ残ったから、ほおっておいた結果なのでしょう。

半年もしつけしなければ、そうなるのは当然ですよね。

そのオーナー様も苦労して、一時は里親に出す予定でしたが、ご自分で躾けてくれましたよ。

そうなのですよ。

大型犬は売れ残れば、大変。

だから売りたい!が先にたつのでしょうね。

今回のマシュー君のように、躾をいれてからお迎えの場合もあります。

今回は良い例かと、試してみます。

長いと、手放すのが辛くなりますが、これもブリーダーの仕事の延長と思って、トライします。

今、マシュー君はごはんの待ての特訓中。

そろそろ、デッキに出すことをしてみましょう。

トイレは完璧。デッキでもできるように訓練しなくちゃ。

マシュー君がお迎えになったら、もう1匹頼まれていますから、良い経験になります。

私は訓練士でもないから、1匹ずつしかできません。家庭犬としての基本的な躾だけいれさせていただきます。

 

お迎えの子達、やんちゃしているみたいだけど・・・

マシュー君は、夜も静かに寝てくれるし・・・おかしいな。構いすぎなのでは?

メリハリをつけて、遊ぶときは遊ぶ。一人の時は諦めさせる。

そうすれば静かにしていられますよ。

 

Powered by
30days Album